スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とりっくおあとりーと。

2009年10月31日 23:00

皆さんこんばんわ、シリカです。秋なのか夏なのか冬なのかよく分からない気候が続きますね。

本日はハロウィンです。ハロウィンといえばかぼちゃです。ジャックランタンです。
というわけで。

かぼちぷわわ

こんなのを作ってみました。
かぼちゃパンかぼちゃクッキーになります。
パンの方はちょっと上手くかぼちゃ型になってませんがそこはご愛敬。
形だけじゃなくちゃんと中身もかぼちゃです。詰まってます。顔もかぼちゃの皮で作りました。
ちょっとしたかぼちゃフェアでしたね。 特にクッキーは後味が凄いです。 悪い意味ではなく。
パンの中にはかぼちゃで作った餡が入っています。スタッフが美味しく頂きました。

さて、かぼちゃに定評のある(?)ハロウィン。今回も調べただけの知識をだらだらひけらかしましょう。
ハロウィンは、カトリックにおける「万聖節」、「諸聖人の日」という日の前夜祭みたいなものだそうです。
その「諸聖人の日」というのは、全ての聖人や殉教者を記念する日……ということですが、
そちらの宗教分野に詳しい方、代わりに分かりやすく説明プリーズ。ちょっと私には信仰が足りないようです。
……とりあえず某有名なフリー百科事典によると、10月31日はケルト人の1年の終わりとされているようで、
その夜には死者の霊が還ってきたり、精霊や魔女が現れると言われており、それらから身を守るため、
仮面をかぶり、魔除けの焚火を……ただの転載になってきましたね。
まあ、そういった風習に因んで生まれたのが仮装と「トリックオアトリート」のハロウィンの習慣ですね。
仮装はともかく、お菓子をあげないとイタズラされる理由について、詳しい方情報を(以下略)。
日本ではどちらかというと信仰や伝承そっちのけの仮装パーティです。
元々は伝承になぞらえて精霊や魔女のような仮装が主流だったようですが、そのあたりはさすが日本。
斜め上の独自性を生みだしてコスプレ大会に変貌させる勢いです。
より詳しいことは某百科事典を見ていただくとして。

このハロウィン絡みでよく見かける、「ジャックランタン」。
由来は卑怯な一人の男の伝説からきているようで、悪行の罰として暗闇の中を漂う怪異となった話。
彼を哀れに思った悪魔が、彼に与えた石炭が明かりとなり、それをカブに入れて彷徨う姿を、
ジャックの角灯「ジャックランタンと呼ぶようになったということだそうで以下百科事典参照。
話を聞く限りだとカンテラくんのようなイメージにも思えますが……
この物語の男をジャックランタンとする場合と、男の持つ燈篭や火をジャックランタンとする見方があるようで、
火の方は「ウィル・オー・ウィスプ」というものの元ネタ……というか同一の存在みたいです。
この話の主人公である男がウィルという男性だから、ウィル・オー・ウィスプ。
ランタンもジャックのランタンだからと考えると、ネーミング自体は結構安易ですよね。

……ためにならない講義ですね。もっとちゃんと勉強します。

それではまあ、このあたりで。またのお越しを、お待ちしております。
スポンサーサイト


コメント

  1. シャイ | URL | -

    どちらにしろトリック

    パン屋さんに売ってるレベルだろ・・・
    食べたぁい

  2. エミリィ | URL | -

    ぷわわー!な子が一匹いるような気がするのはやはり気のせいでしょうか

    私もハロウィンにお菓子をいただきましたけど、カボチャ関連じゃなかったのでちょっぴり羨ましいです……!

  3. シリカ | URL | -

    >シャイさん
    つまりパン屋を開けば……
    機会があればお出ししましょう。

    >エミリィさん
    ぷわわー!な子はドールがポケセンで手に入らなくて凹んでた友人のために作ってみました。
    作ったはいいものの配る機会に恵まれなかったのが悔やまれます。また食べてもらいたいものです


    コメントありがとうございました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。