スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まろやかな時間を。

2009年02月17日 03:00

気温が上がったと思いきや再び寒さが戻ってきた今日この頃。皆様如何お過ごしでしょうか。
身内の慶事やらで少々忙しくしていました。10日も更新が開いてしまいましたね。
そんな合間に、皆様の大好きなバレンタインデーがあったようです。
……あまり多く語ると後が怖いので、深くは触れませんが。
この季節はそういったイベントもあり、また受験戦争も激化する時期。
ですが、たまには気持ちをリラックスさせて、優雅なティータイムをとってみては如何でしょう。
そんな感じで、今宵も紅茶のご紹介と参りましょう。

生キャラメルとテオレ

本日ご紹介するのは、以前にもお話したお茶専門店「ルピシア」より、「テ・オ・レ」です。
そしてその隣に見えるもの、何だかお分かりでしょうか? あの、「生キャラメル」です。本物です。

まずは紅茶から触れてまいりましょう。
いつもと水色が違うのが分かると思います。いわゆるミルクティー、というものですね。
商品名である「テ・オ・レ」、即ち「THE AU LAIT」が、そのままフランス語でミルクティーの意なのです。
ミルクティーなんて聞いたことがない! と、いう人はさすがに少数かと思いますが、
紅茶をよく飲むようなヨーロッパでこういった飲み方が普及し始めたのは、近世以降のことだそうです。
普通、喫茶店などでミルクティーというと、紅茶と、砂糖もしくはガムシロップ、そしてミルクが出てきます。
が、ミルクを先に入れるという方式もあるそうで、紅茶好きの間ではよく議論のタネになるとか。
更に他にも、牛乳を使って煮出す、という方法もあります。これが俗に言うロイヤルミルクティーです。
写真のお茶もその方法で淹れたもの。ミルクを使うと、まろやか、なめらかな味わいになりますね。
ミルクティーにするのにも向き不向きがあるようで、味の強いもの、アッサムなどがよいそうです。
逆に、味や香りの繊細なダージリンはストレートの方がいいらしいですよ。

さて、隣の生キャラメルですが、知り合い……いえ、親戚の方が買ってきてくださいました。
ちゃんと花畑牧場の正規品です。上の写真だけでは分かりにくいかもしれませんが、

キャラメル箱

ほら、この通り。新商品?のいちご味の蓋です。
この生キャラメルについては、今更私が説明するほどでもないかと思います。
競争率は高そうですが、一応オンラインストアも存在するようで……。
一度、食べてみる価値はあると思います。でも私はピッツァの方が気になっていたり。

以上、本日は「テ・オ・レ」と「生キャラメル」でした。
皆様も、行き詰ったりお疲れの時は是非、まろやかな紅茶と、甘いお菓子で、癒しのひとときを。
それでは、また次回、お会いいたしましょう。ありがとうございました。
スポンサーサイト

惰性で。

2009年02月07日 16:00

ただ一言二言書くだけなら、間があいても長文にしたい。シリカです。
実際、ある程度の長さを毎日書こうと思うと、相当ハプニングに恵まれないといけない気が。
そんな言い訳。毎日更新なんて所詮夢でした。

私のリーグが終わった。
過去のように、ただメンバーに入れるだけのパートナーにしたくない、それが全てでした。
後半ではクチート、チリーン共にかなりの勇姿をお見せできたかと。
まあ結果はどうあれ、楽しめたかなーと思うので、それはそれでよかったんじゃないかと。
負けるのは悔しいけどね!
反省はしません、対戦後のコメントで充分しました(

今期はどれくらいジムを開こうか。
面白い子を少し育成したので、ちょっとは開いておきたいところ。
でも、当然のごとくアレにアレしたのでまだアレをしないといけないんですねー。
……とやかく言うのも憚られるよね、こういう話は、さ。
まあ新型のテストも兼ねて幾らかは開くつもり。
口先だけの話になっても怒らないでね!!!
認可に上がろうという気がないからなぁ、或いは挑戦者に徹するのもいいかなー。
ジムリーダーをロールするのは楽しいけれどね。

2月といえばそういえば。
もうすぐアレですね。アレ。
今年はどうなるでしょうか、色々な意味で楽しみです。

それでは今日はこの辺でー、またのお越しをお待ちしておりマース。

べりー、べりー。

2009年02月03日 20:30

こんにちは、シリカです。
今日も優雅なティータイムっぽいものをお届けします。

ふらんぼわーずs

本日ご紹介させて頂くのは、世界のお茶専門店「ルピシア」より、「フランボワーズ」。
ケーキは「フランボワジュ」といって、ローカルだと思われるケーキハウス「ショウタニ」の商品です。
見ての通り、二つともラズベリーの意のフランボワーズが由来でしょう。

ルピシア」は紅茶から緑茶まで、色々なお茶のブレンドを販売していらっしゃるティーショップ。
その中の、フレーバードティーの一つがこの「フランボワーズ」。
淹れている時から、甘酸っぱいラズベリーの香りが周囲に広がります。
クセもなく、すっきり飲める味。ラズベリーの実のような強い酸味はなく、仄かな甘みです。
やはりフレーバードティーですから、香りを多分に楽しんだ方がいいかもしれません。

ラズベリーの属するキイチゴの香り、通称ラズベリーケトンには、脂肪燃焼効果があるそうです。
カプサイシンの3倍程度の効果があり、一時期はダイエット補助食品としても流行したとか。
それで何人成功したのか、そこまでは私も知りません。

ラズベリーと関連した豆知識として、他には米国の「ゴールデンラズベリー賞」とかがありますね。
アカデミー賞授賞式の前夜に、毎年「最低」の映画を部門別に選んで表彰するそうです。
正式には、ヤジを意味するRazzから、Razzie Awardと呼ばれています。
しかしそのRazzの別の意味のラズベリー、それを模したトロフィーのせいで上記のような名前に。
20年ほど前からあるらしいのですが、何やらイヤなニュアンスで使われていますね。
ラズベリーに罪はないのに……。

ラズベリーにスポットを当てた話はこれくらいにして。
ケーキの方もご紹介。冒頭でも書きましたが、ローカル展開のお店の商品です。
具体的には、アマガサキでしか展開していない模様です。
地元ではその名を出せばすぐに分かるほどのケーキ屋さんなのですが……。
ただ、公式サイトにはオンラインオーダーが存在しますし、気になる方は覗いてみては。
直接来てお土産に買う機会は……ここを見ているほとんどの人には、そうないかもしれません。
ことと次第によっては私がご案内しますが。
写真の「フランボワジュ」はご覧の通り、スポンジとソース?が層状に重なった感じです。
ラズベリーのみならず、苺もといストロベリーや、ブルーベリーも乗ってます。
美味しかったのですが、正直な感想をいうともう一つ買った別のケーキの方が(ry
アマガサキへお越しの際は是非。

本日はラズベリー尽くし、「フランボワーズ」と「フランボワジュ」のご紹介でした。
各販売店「ルピシア」と「ショウタニ」も、良ければ調べてみてください。
それでは、次回をお楽しみに。ありがとうございました。

はや一月。

2009年02月02日 04:00

年末よりは時間の流れが遅く感じますが、それでももう一月、早いですね。シリカです。

こそこそと集めていたバッジ。
しかし某女神異聞録を購入してしまったがため、それが疎かになっていました。
そして補欠枠。辞退者さんがいたおかげで何とか食い込めましたが……。
まあ、遊びに行くだけなので見送った方がよかったのかなとも思いますが、折角なので頑張りますかね。
メンバーが完全にテーマ縛りなので、勝率は文字通り0%になりそうです。

最近は紅茶にハマると同時に、外に一歩出れば紹介できるお菓子を探すクセが。
自分で作ったお菓子の紹介もいいのですが、原則手に入りませんしね。
紹介する場合でも、ローカル展開だと同じことですが。
紅茶の紹介にはまったのは某作品のウェブラジオのおかげです。
やっぱり色んなフレーバーを探すのが楽しいです。ネーミングも店によって様々で面白い。
引きこもりを脱するきっかけを増やすことも出来ますしね……。

あぁ、ネタがない。
やっぱりある程度書くことを考えておかないとダメですねえ……。
今日はこの辺で。ごきげんよー。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。